第12回 日本Glycemic Index研究会 開催のお知らせ

日本Glycemic Index 研究会 代表幹事 田中照二先生は江戸ソバリエです。毎月第四木曜日開催のソバリエサロンへも参加して頂いています。先生より下記ご案内があります。 ホームページはこちらを参照ください http://www.gikenkyukai.com/foreword12.html 第12回 日本Glyc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆シリーズ研究講演会 第1回「p-Medicine時代の薬づくり」

理事をしているサイバー絆研究所の◆シリーズ研究講演会 第1回「p-Medicine時代の薬づくり」 は終了しました。懇親会はシードプらにリング社隣の古拙(こせつ)で開催しました。第二弾が決まりましたらご案内します。 【ご案内内容】 ◆シリーズ研究講演会「薬づくりの新しいR&Dモデルを探る」 第1回「p-Medicine時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターネットのがん医療情報 -東大の後藤悌医師-

このサイトを作る目的の一つに医療情報の収集方法についてまとめるというテーマがある。そのヒントとなるサイトが見つかった。東大の呼吸器内科の後藤悌医師のビデオが参考になる。 もっと知ってほしい「インターネットのがん医療情報」のこと2011年6月18日 2011年6月18日(土)開催 もっと知ってほしい「インターネットのがん医…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

最新のがん薬物療法ができるまで in秋葉原UDXオープンカレッジ

昨年から時々参加している秋葉原のオープンカレッジのサイトに無料でビデオを見られるので紹介する。「健康と医療の市民大学より」サイトは下記、 http://www.town-college.jp/2012-04-18/49.html 最新のがん薬物療法ができるまで2012年4月18日 2012年4月18日(水)放送アピタルがん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GI グリセミックインデックスと GLグリセミックロードについて

GI グリセミックインデックスと GLグリセミックロードについて。 ネットで調べていたら「浜村拓夫さんの世界」に解りやすい説明かあったのでご紹介します。 1.グリセミック指数(glycemic index)とは 炭水化物が消化されて糖に変化する速さを相対的に表す数値である。1981年にデヴィッドJ.ジェンキンズ博士らが、食品に…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

10/16バイオマーカーとヘルスメトリックス ワークショツプへのご案内

ご案内です 生命医薬情報学連合大会、(2012年日本バイオインフォマティクス学会年会、情報計算化学生物学会(CBI学会)年次大会は14日から17水曜日まで開催しています。その期間の※4階のサテライトセッション、1階の企業展示ブース・ポスター会場のみへの参加は無料です。是非参加をお願いします 詳しいプログラムを見て各自興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ハイクラウド】NPO 更年期と加齢のヘルスケア

下記学会設立の例題として参考になればとおもい添付しておきます NPO 法人更年期と加齢のヘルスケアのホームページより http://www.menopause-aging.org/ NPO 法人更年期と加齢のヘルスケア、日本サプリメント学会設立予定NPO 法人更年期と加齢のヘルスケアが、「日本サプリメント学会」の発足を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ハイクラウド】JCCの健康・医療クラウドWGの紹介 忘備録

ジャパン・クラウド・コンソーシアム 第4回総会 [PDF 109KB]に将来MACメディカルの組織に役立ちそうなサイトがあったので忘備録として保存。ソーシャルベンチャー・社会的起業の組織が良さそうだ。 http://www.japan-cloud.org/consortium/sympo2012/index.html 上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■食生活・生活習慣とがんの 関係・週刊朝日 WEB新書

■食生活・生活習慣とがんの関連(●=がんの発生促進は確実 ▲=がんの発生促進はほぼ確実 ※=がんの発生促進の可能性あり ○=がんの抑制効果はほぼ確実 ▽=がんの抑制効果の可能性あり -=データ不十分<国立がん研究センター(がん予防・検診研究センター予防研究部)HPから作成> 今日から実践できる! 新説続々、がんを防ぐ食…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本初の雑誌情報日刊紙、それが「データマン」です

日本初の雑誌情報日刊紙、それが「データマン」です。その中の名医の記事検索が参考になる。 「どの雑誌にどのような記事が掲載されているか?」を誰よりも早く知るためのメディアです。 主要誌27誌の記事データを一覧リスト化し、雑誌発売日の前夜に電子メールでお届けします!毎朝、書店の店頭に並ぶ雑誌群。そのなかに「読んでみたい記事」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経障害性疼痛 週刊エコノミスト より

2012/07/10 週刊エコノミストに神経障害性疼痛についての記事が参考になった。  ◇慢性に残る痛み  けがや病気で臓器が傷むと、末梢神経を通して痛みが発せられる。体にとっては、大事なアラートだ。ところが、痛みの原因となる障害が取り除かれているのに、伝わる経路の神経に異常があって痛みを感じる場合もある。神経障害性疼痛と言われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンパニオン診断薬

コンパニオン診断薬とは 標的分子の発現や遺伝子変異の有無、薬物代謝酵素の遺伝子多型などを調べ、薬剤の有効性や副作用を予測するために使われるのがコンパニオン診断薬(Companion Diagnostics)だ。薬剤とセットで使われることから、こう呼ばれる。 http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パイオ医療オミックス情報学の参考書

東京医科歯科大学でのパイオ医療オミックス情報学の参考書のリスト 1. ヒトの分子遺伝学 第3版 (大型本)、出版社: メディカル・サイエンス・インターナショナル; 第3版版、ISBN-10: 4895924246、価格: ¥ 11,550 2. 実験医学増刊号、転写因子による生命現象解明の最前線、定価 5400円、2007、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライフログの事例

現在ハイクラウド研究会でのテーマについて ライフログ 【英】Lifelog ライフログとは、人間の行い(life)をデジタルデータとして記録(log)に残すことである。 ライフログは、ユーザーの視点で言えば、個人ホームページやブログ(ウェブログ)へと遷移してきた、個人の活動記録を記録する営みに通じるものであるといえ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【ハイクラウド】モバイルヘルスケア、16年、800億円市場

現在情報収集をしている市場の記事が掲載されたので保存。 モバイルヘルスケア、16年、800億円市場に拡大、民間予測―スマホ活用も加速。 2012/03/19  日経産業新聞    調査会社のシード・プランニング(東京・文京、梅田佳夫社長)がまとめた「モバイルヘルスケアサービスの現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【がん】メディビック、遺伝子検査

MACメディカルで第一回目の講演をしていただいたメディビックの紹介。 メディビック、遺伝子検査、大手病院でも――薬の効き方など把握。 2012/03/19  日経産業新聞    創薬支援などを手がけるメディビックグループは肝臓の酵素の遺伝子型を調べて薬の効き方や副作用が起こるリスクを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ES細胞とiPS細胞―病気ごとに使い分け

新聞社の記事は解りやすい。最新用語の解説である。 ES細胞とiPS細胞―病気ごとに使い分け(Q&A)2012/03/19  日本経済新聞 朝刊   あらゆる細胞や組織に成長できる万能細胞は再生医療の本命といわれる。新型万能細胞(iPS細胞)と並んで期待されるのが胚性幹細胞(ES細胞)だ。ES細胞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトゲノム1000ドル解析に道

遺伝子解読装置?ヒトゲノム1000ドル解析に道(2012業界展望) 2012/01/30 日経産業新聞  DNA(デオキシリボ核酸)の塩基配列を読み取るシーケンサー(塩基配列解読装置)と関連試薬の世界市場は今年、20~30%の拡大が見込まれる。1人のヒトゲノム(人間の全遺伝子情報)を1日以内で解読できる装置が登場し、1人のヒトゲノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニタの食堂、丸の内にきょう開店

管理栄養士のアドバイスも受けられるタニタの食堂が丸の内にきょう開店した、詳細は下記参照。昼のみの営業のようだが夕食も期待したい。 2012/01/11 日本経済新聞  健康機器大手のタニタ(東京・板橋)は11日、東京・丸の内に、健康に配慮したメニューを取りそろえたレストラン「丸の内タニタ食堂」=写真=を開店する。常駐する管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸がん検査が変わる

[表]2012年にも承認される予定の注目の医療機器 [表]2012年にも保険適用されるとみられている主な先進医療 2011/12/24 東洋経済の【特集 2012年大予測】PART7 社会・暮らし編 混迷の先に未来はある より抜粋。  日本では年間4万2000人以上が大腸がんで亡くなっている(2009年)。大腸がんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【薬】薬剤師向け情報誌

【薬】薬剤師向け情報誌につて調べてみた。下記大塚製薬のバレットについて紹介させて頂く。 先日MAC会員より紹介を受けた「NSTを率いる脳神経外科科長の山田素行先生にお会いできた。その先生も登場している情報誌がバレットである。http://www.otsukakj.jp/med_nutrition/pallette/ 1.Pa…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【糖尿病】血糖値だけじゃない? メトホルミンでがんリスクが低下

日経トレンディの知らないと損する! ビジネスパーソンのマズイ病気より。 TMDUの社会人大学院の卒業論文で書いた糖尿病に関する情報がけいされているので保存版とした。その中でもメトホルミンががんのリスク低下についてふれた項目がトレンディの記事でも登録されたのは嬉しい。 http://trendy.nikkeibp.co.jp/…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

【Nature Methods】9月5日 絶滅危惧種の人工多能性幹細胞

Nature Methods とは・・・ 新たな研究・実験方法を発表することを目的としたユニークな学際的フォーラムで、生命科学とそれに関連する化学を専門に取り扱います。実用的かつ技術主導的な題材の論文に対して厳密な査読を行い、質の高い方法論的な研究成果を提供いたします。 Nature Methods は、実験計画の策定や実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

順天堂大学大学院教授白澤卓二さんの記事3

アンチエイジングの処方箋(3)順天堂大学大学院教授白澤卓二さん(人間発見) 2011/07/21  日本経済新聞 夕刊  抜粋  三浦敬三さんにしても日野原先生にしても、こうしたお手本があると分かりやすいんです。理論だけでない、このおふたりがやってきた生活スタイルが基本型になっている。一人はス…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

順天堂大学大学院教授白澤卓二さんの記事2

アンチエイジングの処方箋(2)順天堂大学大学院教授白澤卓二さん(人間発見) 2011/07/20  日本経済新聞 夕刊  抜粋  医学は「健康になる」という目的もありますが、「人を幸せにする」という最終地点を見つめなくてはいけないと思います。その意味で父の医者としての生き方は私に少なからず…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

長寿遺伝子とは

昨日の白澤教授の記事に関連して長寿遺伝子について検索すると下記に詳しい内容を発見できたので紹介させて頂きました。 サーチュインとは? http://www.910810.com/halfage/sirtuin.php レスベラトロールの内容の中で頻繁に出てくる言葉に「サーチュイン」という言葉があります。さて、この「サーチュイン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

順天堂大学大学院教授白澤卓二さんの記事1

2011/07/19 日本経済新聞 夕刊にアンチエイジングの処方箋(1)として順天堂大学大学院教授白澤卓二さんの記事が紹介された。下記抜粋。  アンチエイジング(抗加齢)医学は最近流行の学問といえるかもしれない。日本でその最先端にいるのが順天堂大学大学院教授の白澤卓二さん(53)。「サクセスフルエイジング」(若々しく幸せに年を重…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

エピジェネティックス医薬の動向

抗がん剤開発に拍車、遺伝子の後天的制御を標的に、米社が日本で承認。 2011/07/19 日経産業新聞より抜粋 国内勢も導入へ  7月1日、米メルク社の日本法人であるMSDが、日本における皮膚T細胞リンパ腫の治療薬「ゾリンザ」の販売承認を獲得した。単なる希少疾患薬(オーファンドラッグ)ではない。最近急速に解明されつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TBS夢の扉+上尾中央総合病院 内視鏡外科医 金平永二医師が登場

リニュアルした夢の扉+の本日のドリームメーカーは上尾中央総合病院 内視鏡外科医 金平永二医師が登場した。きず跡がない!?「からだにやさしい手術」革命である。「平成のブラック・ジャック」金平ドクターの手術革命-もともと開いている”おへその孔”から手術器具を挿入し、内視鏡下手術で腫瘍を取り出す。すると・・・きず跡が残らない!手術翌日には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【医療とIT】【電子カルテ】すずかけヘルスケアホスピタル(静岡県磐田市)

◆すずかけヘルスケアホスピタル(静岡県磐田市) 回復期病院のチーム医療を支える電子カルテシステム 現病院長の久野智彦氏が2009年7月に就任し、2009年9月に「すずかけヘルスケアホスピタル」と名称変更。回復期病院を目指して新たなスタートを切った。 http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_108018…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【医療とIT】東京慈恵会医科大学付属病院:iPhone・iPadで“時間の壁

iPhoneやiPadなどのモバイルデバイスが、医療関係者の注目を集めている。慈恵医大病院は、脳卒中などの脳血管障害における緊急遠隔診断・治療補助システム「i-Stroke」を開発。iPhoneやiPadを使ってどこでも緊急に画像診断 と治療補助ができる環境を構築し、時間勝負の脳血管内治療に役立てている。富士フイルムと共同研究を進め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/24第48回MACメディカル交流会のご案内

清明の候、皆様如何お過ごしでしょうか。定例会MACメディカル交流会のご案内です。今回は株式会社メタ・コーポレーション・ジャパン 高沖英二氏に講演をして頂きます 3D画像は今や、映画やゲーム機そしてテレビへと拡がり、当たり前の世界になりつつありますが、今回の講演では、精緻を極めた人体解剖図、人体組織図を中心に、その驚異の3D画像をお見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【用語】OMIMとは

遺伝子変異による疾患に関する最新の情報を与えてくれるのがOMIM(Online Mendelian Inheritance in Man)です.これにより,疾患に関連する遺伝子情報,文献,遺伝子地図や画像情報などをインターネット上で入手することが出来ます. OMIMはジョンズ・ホプキンス大学のビクトル・マキュージック博士が編纂…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

【本】遺伝子医療革命 ゲノム科学がわたしたちを変える

『遺伝子医療革命 ゲノム科学がわたしたちを変える』 フランシス・S・コリンズ著の紹介。M総研Tさんお奨めの本。 「遺伝子医療革命?ゲノム科学がわたしたちを変える」は米国National Institutes of Healthの director である Fransis S .Collins氏の?The Lanaguage of …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新テクノロジーを活かしたリハビリテーション医療を確立したい

本日の「夢の扉」への登場は「慶應義塾大学・理工学部の専任講師の牛場潤一先生です」脳と機械をつなぐBMI(ブレイン・マシン・インターフェース)というシステムを開発した。高齢や障害によって体が不自由になった人のために活用しようと言うものです。 詳しい内容はhttp://www.tbs.co.jp/yumetobi/backnumber/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【用語】EMR、EHR、PHRの違い

EMR、EHR、PHRの違いについては下記がわかりやすい 1.手の届く範囲だけでもなんとかしたい http://inter.way-nifty.com/ynb/2008/09/emrehrphr-f42f.html 2.TOBYOのサイトも詳しく参考となる http://www.tobyo.jp/tobyoblog/cate…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

IBMが医療情報を集約できる患者向けポータルを発表

IBMが医療情報を集約できる患者向けポータルを発表,韓国最大級の医療センターで導入2011/03/08 日経エレクトロニクスより抜粋 米IBM Corp.は,さまざまな医療情報を集約できる患者向けのポータル・システム「IBM Patient Empowerment System」を開発したと発表した。  このシステムは,「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京慈恵会医科大学の斎藤充先生

TBS夢の扉より今回は東京慈恵会医科大学の斎藤充先生が登場。骨質という考えを取り入れ、新たな骨の治療法を確立したい というテーマである。骨粗しょう症に罹っている日本の推定患者数は1100万人と言う国民病です。これまで骨粗しょう症は「骨密度」からの研究が中心でした。しかし、これに骨質を加えることで、今まで治療が難しかった患者を救う可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【糖尿病】インスリンシグナリング (Insulin signaling)とは

糖尿病シラバス(学習計画) - 九州大学大学院医学研究院 病態制御内科学(第三内科の記事が参考になる。以下説明は理解しやすい。 ... インスリンは、筋肉・脂肪ではグルコーストランスポータの細胞膜上への移動を引き起こすことで、グルコースの吸収を促進させる。肝臓では糖代謝の酵素群の発現や活性を調節し、糖新生の抑制とグリコーゲン合成を促進…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【学会】日本高血圧学会(JSH)2010

高血圧は慢性腎臓病(CKD)の進展因子で、高血圧治療ガイドライン2009では、CKD患者の降圧目標値は130/80mmHg未満、蛋白尿1g/日以上の場合には125/75 mmHg未満という厳格な値を設定している。しかし、CKDは自覚症状に乏しいことから、患者の意識が高まらず、血圧コントロールが不十分である可能性がある。 続きは…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more